課題曲チャレンジ

今年のピティナピアノコンペティションは、コロナウィルス感染拡大のためになくなってしまいました。このような未曾有の事態でも勉強の火を消すことなくYouTubeに演奏動画を載せて成果を発表する形で「課題曲チャレンジ」が行われています。


私も例外なく地方での審査がなくなり、課題曲チャレンジの説明会なるものが4月末から5月位まで行われていました。そのゲストスピーカー(講師)として先生方向けに2回ほど課題曲チャレンジをどのように活用するか、私なりの方法をご紹介したり、先生方とオンラインレッスンの方法を情報交換したりしました。


そして、今、まさに課題曲チャレンジの前期2曲が終わり、そろそろ後期2曲を提出する期日です。

私は、連日課題曲チャレンジの審査を自宅のパソコンでしています。

初めてパソコンを使った審査ですが、この課題曲チャレンジの良さは、1回の本番ではなく何回も撮り直せるので、自分の納得がいく演奏が出せるということです。

また今までだと本選に進めなければ2曲しか弾けない参加者もいた中、誰でも4曲準備できるという点です。

この経験がコロナ後にもどのようにいきてくるのか、コンクールの方法に影響があるのか私も非常に楽しみです。


2020年、オンラインコンクールがたくさん生まれています!!



19回の閲覧

©2020 by Sancha Music
当サイトの内容、テキスト、画像、映像等の無断転載、無断使用、無断引用を固く禁じます。