検索
  • 江本 純子

カプースチン、ありがとうございました。

2020年7月2日カプースチン逝去の報せが入ってきました。

本当なのか・・?という気持ちで、今でも放心状態ですが、数時間後カプースチンの葬儀が始まるようです。

7月6日13:40からモスクワ郊外で行われるようです。日本時間だと19:40、今から1時間半後です。

もうすぐお別れです。私も黙祷して祈りを捧げようと思います。


2014年カプースチン宅を訪れた時にはop.40-1とop.118を演奏しました。演奏のアドバイスいただきました。

奥様は4日間もかけてお料理を用意してくださって感激しました。

2016年op.161が最期の作品となりました。

晩年は体調も芳しくなかったようですが、メールなどのやりとりも大切な思い出です。


第2次世界大戦後のロシアは、アメリカのジャズやロックなどが禁止されていました。

その中、アメリカのラジオVoice of Americaのラジオを聴いて独学でジャズの語法を研究し、ビッグバンドで演奏、作曲と活躍しました。

その後、ロシアの『国』の作曲家として作曲したものの演奏など行ってきました。


ピアニストからも多くの支持を得て、世界中で演奏されています。

これからもカプースチンの曲が愛され演奏されていくよう願っています。

素晴らしい作品を残してくださってありがとうございました。


0回の閲覧
 

世田谷区若林1丁目7-19

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • YouTube

©2020 by Sancha Music
当サイトの内容、テキスト、画像、映像等の無断転載、無断使用、無断引用を固く禁じます。