講師 江本純子

<ごあいさつ>

新たな趣味として習いたい初心者の方、長年の経験のある方、個々のレベルに合わせたレッスンを行います。

<略歴>​

現在、洗足学園音楽大学講師。

全日本ピアノ指導者協会正会員。

各種コンクール審査員。



<資格>

中高音楽教員専修免許。

ヤマハグレード演奏、指導とも3級

 

特色

1.経験豊富な指導者
2.ピアノ・設備
3.充実のカリキュラム
4.アクセス良好な立地

​1.経験豊富な指導者

現役音楽大学講師によるハイレベルなレッスン

現役音大ピアノ講師でもすが、2人の男の子の母親でもあります。

お母様のお気持ちや子供達がどのように成長するかも汲み取れますので、ご安心ください。

生徒達は国内外のコンクールに参加したり、海外研修ではロシア、フランス、イタリア、オーストリア、ハンガリーなど様々な国で音楽だけではなく異文化体験もしています。

小学校の音楽教師になった門下生が、今教えている生徒を教えているという稀有なことも。

門下生は演奏家や指導者、学校教育者として活躍しています。

Sheet%20Music%20Edits_edited.jpg
Sheet Music Close Up

2.ピアノ・設備

・2台のグランドピアノ
・20畳の防音室

2020年3月の新教室オープンに合わせ、スタインウェイB211とヤマハC6X-Enproのピアノがきました。

スタインウェイの選定では弱音が美しいことが決め手でした。

ヤマハは自動演奏ピアノは録音できますので、自分の演奏を客観的に聴くことができます。

部屋は20畳あり、音がどのように響いていくか空間を感じながら演奏することできます。

また、アンサンブルもできるように空間をとりました。一緒に演奏することで「仲間」もできるでしょう。


ユニバーサルデザイン、アクティブラーニングの観点から部屋をデザインしました。

3.充実したカリキュラム

一人一人の個性に合わせてカスタマイズ

0歳のリトミック。

幼児、小学生はソルフェージュやアンサンブル(連弾や室内楽)まで音楽基礎能力に重点をおいた指導を行なっています。

音楽基礎能力があると、ピアノへの導入もスムーズ。

音大生やコンクールを目指す方にはハイレベルな指導を行います。

演奏機会は、コンクール、ステップ、年6回のミニコンサート、発表会も1年に一度程度予定しており、多数機会がございます。


一人一人のニーズに合った合った指導をいたします。安心してご連絡ください。

まずは「楽しい」のが基本!!

音楽、楽しみましょう。

楽譜の上にバイオリン
ピアノ練習少女

4.アクセス良好な立地

安心してお通いいただけます。

三軒茶屋駅から徒歩6分、西太子堂駅から徒歩2分でアクセス良好。

隣地はパーキング。駐輪場も有るので通いやすいです。

また、バス停若林一丁目からは1分。

美味しいお店もたくさんあります。

教室でイベントを行なった後に打ち上げにすぐ行けますね!!

 

生徒達と共に

私の門下生は「長く続けてくれる」ことが特徴です。

小さかった子があっという間に身長を抜いていき、立派な演奏をする姿には涙が出ます。

結婚式にお声がけいただいて演奏することも。

そこで親御さんの姿から、「人を育てあげる」というのは素晴らしいなと改めて感激します。

教え子が学校の音楽の先生になり、今教えている生徒の小学校の先生ということもありました。

生徒と「母親学級」が一緒だったことも!!

生徒と一緒に海外研修に行ったこともあります。

指導歴が長くなり、生徒達と共に色々な経験が出来て、成長に目を細めています。

ピアノ指導では「ピアノで歌う」ことを目標としています。

何か行き詰まってしまうと辞めてしまう原因になります。

何が問題があるか、どうしたら出来るか一緒に考えます。

出来ない時は、無理に難しいものを続けると自信を無くしてしまいます。

分かるところまで、簡単にしてひとつずつ積み上げます。

教本は「病院のお薬」と一緒で、1人1人に合わせて選んでいます。

全員が一律ではありません。

 

ピアノのレッスンで得られるもの

それは、「毎日コツコツとやること」です。

それが「美しいピアノの音色を奏でる」ことにつながります。


W.ジェームズの言葉を引用して載せておきます。

「心が変われば態度が変わる」

「態度が変われば行動が変わる」

「行動が変われば習慣が変わる」

「習慣が変われば人格が変わる」

「人格が変われば運命が変わる」

「運命が変われば人生が変わる」

私が目指していることはピアノを通した人格形成です。

どの生徒も真摯に向き合っていきたいです。

 

今までの経歴

江本純子

私は幼児の指導について執筆や講演などを行ってきました。

レッスン見学でピアノ指導者への研修もしてきました。

演奏家、音大講師でもあるので、音大生やピアノ指導者などハイレヴェルな方への指導も行っています。

このように幼児から音大生や指導者まで指導にあたっています。


なお、不登校やうつなどで悩みながらも少しずつ前に進んでいく生徒もいます。

どのような方も長い目でピアノを通して豊かな心を育み、前へ進めていけるように・・と願っています。

保育園、小学校

ヤマハ音楽教室にはじめは通っていましたが、途中で個人の先生に移りました。作曲が好きで曲が思い浮かぶと録音していました。小学校の卒業文集では、「将来、ピアノの先生になる。」と書いていました。

中学、高校

国立音楽大学附属中学校、同附属高等学校音楽科を卒業。中学の時は数学が得意で進学校を勧められましたが、音楽で進むために受験したので高校でピアノに集中しました。合唱祭の伴奏や学内演奏会、卒業演奏会に出演しました。高校の時、近所のお子さんに指導していました。

大学

国立音楽大学からは国外派遣奨学金を得て、モスクワ音楽院に短期留学、多くのマスタークラスを受講修了演奏会に出演。国立音大ではマスタークラスや定期演奏会、卒業演奏会、東京同調会新人演奏会などに出演。コンクールでも金賞を受賞しました。

音楽教室ピアノ講師

音楽教室ピアノ講師に内定しました。代行講師として前倒しで大学4年から勤めました。資格があると担当できるコースの幅が広がる、給与に関係するというので、ヤマハグレード(指導・演奏)3級を取得。50人の講師中3級は私1人でした。音大生の為のグレード講座を担当。多い時65名の生徒がいました。

ヤマハグレード試験官

ヤマハのグレード試験官を務めました。

結婚、出産、育児
松戸で自宅教室を開業

結婚して、松戸へ。音楽教室を続けながら、松戸教室を開講。出産を機に音楽教室を退任しました。出産や育児があっても休まず、指導を続けました。1人目から8年後、2人目も男の子が誕生しました。松戸教室は17年間、生徒の皆さんに通っていただきました。

大学院

子供が3歳の時に東京音楽大学大学院音楽研究科鍵盤楽器専修(ピアノ)に入学。この時は育児、仕事、大学院と3つあったので寝る間もないほど大変でしたが、音楽研究を深めることができ、指導にもいきています。

修士論文は「ラフマニノフ 絵画的練習曲 Op.33 〜初稿と第2稿を比較して〜」。

修士演奏は、"ラフマニノフ 絵画的練習曲 Op.33"   と "ラフマニノフ ピアノ協奏曲第2番"

ピティナ松戸コアラの森ステーション代表

音楽教育や普及を考えていたので、「生涯音楽を楽しむ」というピティナステップに共感してステーション代表に。12年務めました。松戸の先生方に今もお世話になっています。

執筆

音楽誌「レッスンの友」、「ムジカノーヴァ」、「ショパン」、「ミュージシャン」など。こちらは執筆ページをご覧ください。

審査員、ステップアドバイザー

ピティナピアノコンペティション、ピティナピアノステップ、日本クラシック音楽コンクール、日本バッハコンクール、全日本eピアノコンクール等、各種審査を歴任。

学校コンサート

ピティナの学校コンサート(文化庁芸術家派遣事業)で小学校アウトリーチを行ってきました。

トークコンサート

ピティナピアノステップや各種トークコンサートを行ってきました。

セミナー講師

セミナー講師 東邦音楽大学「ピアノ教室の広報」、ピティナ「幼児のピアノ指導法」、ピティナ室内楽セミナー「聴ける耳を育てよう」、自主セミナー。

レッスン見学講師

ピティナのレッスン見学講師を2度務めました。指導者向け「ベテラン指導者の自宅レッスンを見学し、指導の実技を研修する制度」で、全国各地より指導者の皆様が集まりました。

1回目はコンチェルト・室内楽などアンサンブル中心。室内楽は様々な楽器の音色を聴きながら呼吸など合わせることが必要で魔法にかかったように上達になります。

2回目は幼児の指導法を主に、そうして育った生徒が小学生、高校生、音大生とどのように変わっていく幼児期基礎指導の大切さを見ていただきました。

海外研修

生徒たちはスキルアップするために海外にいくことも増えています。
今までロシア、フランス、イタリア、ハンガリー、オーストリアなど、研修をしています。私も付き添うことがあります。

東京音楽大学付属音楽教室オープンシステム講師

東京音楽大学の認定付属音楽教室オープンシステム講師として指導していました。

洗足学園音楽大学ピアノ講師

洗足学園音楽大学ピアノ講師として、指導しています。学生に寄り添った素晴らしい大学です。受験を考えている方は、是非オープンキャンパスでお声かけください。

Sancha Music 
世田谷区三軒茶屋に自宅教室を開講

2020年3月に世田谷区三軒茶屋にSancha Musicが開校しました。コロナウィルスの蔓延により、開港後しばらくオンラインレッスンが余儀なくされました。対面レッスン再開までの間に教室の設備を整えました。

 

江本純子 執筆記事

IMG_7195.JPG

平成20年 4月

全日本ピアノ指導者協会

「ピアノ指導者のための教室運営ガイド 」

会則・入会手続き事例紹介コラム

平成20年 5月

レッスンの友

「特集 先生のスキル・アップ」

先生が勉強することでの指導効果~私がピアノ教室を運営し大学院進学を決めるまで~

IMG_7255.JPG
IMG_7266.JPG

平成20年7月

ムジカノーヴァ

「短期連載 ピアノの先生ももう1度勉強しよう」

高い専門性を持ってレッスンに臨めるように

平成22年4月

レッスンの友

「特集 発表会の準備はできていますか?」

発表会の選曲と本番を迎えるまで

IMG_7256.JPG
IMG_7257.JPG

平成22年8月

レッスンの友

「特集 ピアノを教えるすべての方へ(指導編) 初心者先生のための,教え方のコツ」


導入期ピアノ指導での押さえ所は?

平成22年9月


レッスンの友

「特集 ピアノを教えるすべての方へ(指導編 2)初心者先生のための、教え方のコツ」


導入期のピアノ指導での押さえ所は?(2)

IMG_7258.JPG
IMG_7259 2.JPG

平成23年1月

レッスンの友

「特集 ピアノと子育て 両立できる?--子どもを育てながら、音楽の仕事をするにはどうすれば・・・・・」


ライフ・スタイルに合わせて選択を--ピアノ教

室と育児との両立--私の場合

平成23年8月

レッスンの友

「特集 発表会の曲、どう選ぶ?--先生の方針、生徒の興味、親御さんの期待、三位一体の選曲は?」


みんなが納得のいく選曲方法

IMG_7260.JPG
IMG_7261.JPG

平成24年3月

レッスンの友

「特集 教本選びのコツ 教えます : 飽きさせないためのエチュード選びと使い方」


チェルニー30番までのテクニック指導 「チェルニー やさしい20の練習曲」を使って

平成24年10月


レッスンの友

「ピアノ教師が綴る心に残る生徒たち」

ピアノを通じて生徒の成長に関われることは最高の幸せ

IMG_7262.JPG
IMG_7267.JPG

平成26年12月


ムジカノーヴァ

「楽譜調査室」


発表会の曲

平成27年10月


ムジカノーヴァ

「今月の1曲 練習課題② エチュード」

IMG_7268.JPG
IMG_7646.jpg

平成28年11月


ムジカノーヴァ

「ピアノの先生のためのレッスン・発表会のお役立ち楽譜ガイド Vol.2」


第10回 えもとピアノ教室発表会

平成29年6月

月刊ミュージシャン

「今月、この曲」


ラフマニノフ 「リラの花 作品21 第5番」

IMG_7273.JPG
IMG_7274.JPG

平成29年7月

月刊ミュージシャン

「今月、この曲」


ヘイノ・カスキ 「泉のほとりの妖精 Op.19-2」

平成29年11月


ムジカノーヴァ

「特集 できることから始めよう 発表会が盛り上がるアンサンブルにトライ」


室内楽にトライ「耳作り」でピアノ・ソロも上達 しっかりした準備が成功のカギ

IMG_0381.jpg
IMG_0382.jpg

平成30年3月


ショパン

「特集1 世界の音楽ガイドブック」


ロシア

令和元年8月


ムジカノーヴァ トピックス


Report 第16回チャイコフスキー国際コンクールを聴いて

IMG_0383.jpg
IMG_7934.jpg

  令和2年8月

ムジカノーヴァ特集「気になる防音&進化する防音 ピアノ室 快適化計画」

 

「理想のピアノ室」を求めて~江本純子先生の防音室遍歴

 

江本純子  インタビュー記事

平成26年3月


生徒を伸ばす!ピアノ教室運営大研究 

編者:株式会社ヤマハミュージックメディア 

執筆:飯田有抄 

江本純子「育児・レッスンと並行して大学院進学もその先に描く教室運営」 

平成26年6月


音楽大学で学ぶピアノ指導 

指導のプロフェッショナルを目指す教育とは 

 ピティナWeb 記事  取材執筆:飯田有抄 

先輩指導者インタビュー 

江本純子「指導の仕事は人間形成」 

​​http://www.piano.or.jp/mt/mt-tb.cgi/15087

平成26年11月


新京成情報誌『CiaO』各奇数月20日発行 

 発行主:新京成電鉄 

取材執筆:関谷淳子 

編集・印刷 京成エージェンシー 

配布先 新京成各駅ほか京成グループ駅など 

沿線紳士淑女録 

音の楽しさを多くの人に広めたい! 

ピアニスト 江本純子さん 

平成27年11月
四国新聞

平成28年6月
宮日新聞

平成28年9月


ムジカノーヴァ

「特集生一人ひとりのためのピアノ教本選択ガイド&活用術」

取材・文/山本美芽

教本と併せて使いたい!教材グッズの活用法/江本純子×小貫ひろみ 私たちのピアノ教本活用術

平成29年10月
南海日日新聞

平成30年4月 

ピティナ  学校クラスコンサート 

「音楽室にピアニストがやってきた」

ピティナReadyforクラウドファンディングプロジェクト


「全都道府県にプロのピアノの音色を

届けたい」
実施報告書

平成30年4月


ピティナ 学校クラスコンサート

令和元年10月


ピティナWeb記事

ピアノの先生のTwitter活用術

http://www.piano.or.jp/info/news/2019/10/31_25736.html

令和2年4月


Webマガジン「ONTOMO」

オンラインでピアノレッスンをする先生3名に聞く、使用アプリや機材、指導内容とは


https://ontomo-mag.com/article/interview/online-piano-lesson/?fbclid=IwAR3pEWCsDAuNmRyN7T_QkvYj2iuHRHXPeWzXoF6H4p45hl5OisGLp2KCuls

 

​TV

Sheet Music Edits

平成27年11月

三豊ケーブルテレビ

平成20年10月 コアラテレビ

Sheet Music Close Up
 

お問い合わせ

三軒茶屋駅 徒歩6分

西太子堂駅 徒歩2分

世田谷通りから70m

隣地有料駐車場有り

駐輪場有り

世田谷区若林1丁目7-19

 

世田谷区若林1丁目7-19

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • YouTube

©2020 by Sancha Music
当サイトの内容、テキスト、画像、映像等の無断転載、無断使用、無断引用を固く禁じます。