2020-01-25%2011.10_edited.jpg
 

Sancha  Music

音楽を生涯楽しめるように

since 2020

音楽で癒されたり、感動で涙を流したり、、熱狂したり、表現したり、一緒に演奏したり・・。

いつの時代も音楽は不変です。人の心と共にそこにあるもの。

生徒達はピアノを通じて大きく成長し、ピアノ指導者、学校教育者として活躍しています。

私の教室理念は音楽を通した人格形成です。

生きていく上で決して真っ直ぐな道ばかりではありません。

生涯かけて音楽に親しむ、傷ついた時には癒される、楽しい時にも一緒に共有できる、

そんな場に教室がなって欲しいと思います。

学校に行けなくなってしまった後、ピアノがきっかけで復活出来た生徒もいます。

小さい時の学校の先生になる夢を叶えて、その学校に私の生徒が通っていたことも・・。

母親学級で生徒と一緒だったことも・・。

結婚式で親御さんと一緒に泣いたり・・。

生徒の皆様と良い関係を築いて、音楽を一緒に長く楽しんでいきたいと願っています。

Sancha Musicは、2020年3月に開講した新教室です。

ピアノだけではなく、音楽を総合的かつ本格的に学べる教室です。

基礎から丁寧に教えます。​

一緒に音楽を楽しみましょう!!

IMG_7674.JPG
 

Sancha Music
学べること

音楽を楽しむために、1人1人の心身の成長を見ながらバランスよく導入します。

最終目標は自分から音楽的表現出来ること。

「ピアノで歌う」ことを念頭に置いています。

そのために自分の頭で考え、心で感じ、耳でよく聴き、それを指(身体)に伝えます。

自分の想いを聴衆に伝えられるように舞台経験も積んでいきます。

リズム感

いきいきとしたリズム感は音楽の源。一番最初に導入するのはリズムです。

導入ではリズムパターンを最初に教えます。基礎が出来たらあとは応用するだけ。

①リズム感

②曲に適切なテンポ感

③拍感

も学びます。

音感

音感については、私は絶対音感よりも相対音感が大切だと考えています。

同じSiの音でも次の音がDoなのか、それともLaなのか、歌や弦楽器の方達は次の音の進行によって音の高さを変えています。ピアノは予め調律されているので音の高さを変えられませんが、ピアニストも和声の機能によって音を感じることが求められます。それは絶対音感ではなく相対音感なのです。

結果的に小さな頃から始めた生徒たちは全員何の音か分かるようになっています。

小さい時から、メロディー聴奏、ハーモニー聴奏、和音付け、伴奏付け、移調奏を行います。それに伴い調性や調号の理解、全調で移調出来るようになります。音感の勉強によって、作曲にもつながりますし、基礎的な知識が身につきます。

これが自然と音楽を心から感じたり、楽に楽譜が読めることにつながっていきます。


①音感

②和声感

③調性

④舞台での響きを聴く耳

を養います。

楽典

楽典は簡単に言うと音楽のルールです。
音楽のルールを知らずして、楽譜は読めません。
理解出来ると楽譜を自分で考えて書けるようになります。
机上の勉強だけではなく、実際に音を出してみることも大切です。
一通り分かるようになってもスパイラルラーニングで、同じことを何度も応用しながら学びます。

読譜

譜読みがどうしたら早くなるか、楽譜が読めるようになるか・・ですが、

『量をこなすのが一番』です。

ですが、楽譜を読むのが遅いのに大量に譜読みしなければいけない曲を出されたら嫌になってしまいます。これがピアノをやめてしまう原因の一位ではないかと想像しています。


まずはじめにリズムや音感、楽典の知識が入っていること、自分が簡単に読める難易度の曲をどれだけ弾くかが重要なのです。日々の練習も深く関わってきますので、毎日練習しましょう。


私のところでは、初見(はじめて見て弾く)課題を多くとりあげます。

ですから、楽譜が読めなくて弾けないということはありません。

読めるようになってくると、楽譜を目で追いながら指を動かすことが出来るようになります。指を動かせたからといって音楽的に弾けるかは別問題です。

読譜と暗譜は表裏一体です。特に頭の柔らかい時期は暗譜をおすすめしています。

学習段階では暗譜の方が音の響きを楽しみながら演奏出来るでしょう。


楽譜が読めるようになったら、様々な作曲家の語法を学ぶべく、色々な作曲家の曲を触れるようにしていきます。

テクニック

まず「表現したい気持ち」が先にあって、その表現をするためにテクニックが必要と考えています。

指がただ動くことをメカニックという言い方もあります。

実際に、指はよく動くのに何も心が動かされないことがあります。

この循環に入ってしまうと、音楽的表現が難しくなることも多々あるように見受けられます。


私は「ピアノテクニックというのは、音楽的表現を伴う指の巧緻性」と考えています。

人の心を動かすのは「歌う心」です。

まずこの「歌う心」を育みながら、どうしたら素敵な表現が出来るか、そのためにどのような身体の使い方をすれば良いかという形でお伝えしていきます。

指や運動能力が伸びる時期にピアノを弾いていると一生その感覚が残るので重要にはなってきます。身体的、精神的発達を考えて適期教育を意識してテクニックを導入しています。

私自身、演奏や教育に力をいれています。

自分が弾けないと分からないことというのは実際にあります。

どうしたらバッハの平均律、ショパンエチュード、ベートーヴェンのソナタなどを弾くまでになるか長期、中期、短期的視点から指導しています。

テクニックは

①スケール

②カデンツ

③アルペジオ

に重点をおいています。

 
 

特徴

特徴は、カリキュラム、指導者、設備、アクセスと環境が整っています。

そして、何より生徒との関係を大切にしていきます。

♪経験豊富な指導者。

幼児指導について執筆講演を行うだけではなく、現役音大講師なのでプロの指導まで出来ること。

♪無理なくステップアップ、やる気を引き出せること。

♪2台ピアノで指導、隣で演奏。音楽性を豊かに。

♪2台のピアノは個性が違います。1台は最高級のスタインウェイで良い音と演奏法を。

もう一台はヤマハの自動演奏ピアノで録音して自分の演奏を客観的に確認。

♪連弾、2台ピアノ、室内楽、コンチェルトなどアンサンブルの機会を設定。

♪年6回のミニコンサート、年1回の発表会、コンクール(希望者)など多くの発表機会。

♪熱心な生徒は海外研修へ。今までハンガリー、オーストリア、フランス、ロシアなどで研修しています。

♪土日もレッスン可能

♪三軒茶屋駅から650m。徒歩6分とアクセス良好。

営業時間 月〜日 10:00~21:00

1.充実したカリキュラム

年齢・目的別の多数コースを取り揃えています。
アンサンブルや発表会の経験を多くご用意しています。
熱心に勉強する方にコンクール、海外研修も行なっています。
教室にある電子楽譜は全て合わせると2,000冊ほど。
絶版の教材や海外から輸入した楽譜、指導用楽譜も世界中から集めました。
様々なアプローチ法があるので、読譜に強くなる楽譜はコレというように一人一人に合わせた指導を行なっています。

​2.経験豊富な指導者

現役音楽大学講師によるレッスン
演奏家としてだけではなく、基礎力のつく導入指導に力を入れている。
卒業生はピアニスト、学校の音楽教育現場やピアノ指導者として活躍。

2.整った設備

・2台のグランドピアノ

スタインウェイ、ヤマハ

・20畳の防音室

スタインウェイピアノ1台で音楽教室を開くことが出来るほど高価ですが、これは生徒達にピアノを楽しんで欲しいという私の強い想いです。

ホールシェア率98%と言われるスタインウェイピアノ。

ミニコンサートを含む発表の場で演奏する機会を作っています。


設備は世界中の教室を参考にして、出来る限り良い環境、最新の設備を意識した防音室となっています。

4.アクセス良好な立地

三軒茶屋駅から徒歩6分。

西太子堂駅から徒歩2分。

(三軒茶屋から渋谷まで電車で5分。)

立地も良く、一番近い駅から徒歩2分と通いやすい環境にあります。

技術、サービス、立地と通っていただく生徒に満足していただきたいと、精魂こめて整えました。

 

講師 江本純子

<ごあいさつ>

新たな趣味として習いたい初心者の方、長年の経験のある方、個々のレベルに合わせたレッスンを行います。

<略歴>​

現在、洗足学園音楽大学講師。

全日本ピアノ指導者協会正会員。

各種コンクール審査員。

<資格>

中高音楽教員専修免許。

ヤマハグレード演奏、指導とも3級。

詳しいプロフィールはこちら

IMG_6846_edited.jpg
 
IMG_7467.jpg

教室設備

設備や楽器に関しては、私が教室作りでこだわったところです。
20畳という防音設備だけではなく、ピアノは2台のグランドピアノ。
最高級のスタインウェイと自動演奏ピアノで録音再生できるヤマハのピアノです。
演奏を発表する機会も多くアンサンブルにも力を入れています。
教室でピアノの素晴らしい音色を楽しんでください。

 

20畳の防音室

個性の違うグランドピアノ2台が並んだ余裕のある空間。
アンサンブルやミニコンサート、リトミックなど、様々な用途に応じて使用することができます。

2020年9月 体験レッスン日時/料金

<体験グループレッスン>

♪リトミック  9月2日 水曜    10:00-10:30 2,500円

♪幼児1〜3歳 9月2日 水曜  11:00-11:40 2,500円


♪年少〜年長  

①9月7日 月曜 18:30-19:30 3,000円

②9月1日 火曜 18:30-19:30 3,000円

③9月4日 金曜 18:30-19:30 3,000円

④9月5日 土曜 18:30-19:30 3,000円


♪小1〜小3  

①9月7日 月曜 19:30-20:30 3,000円

②9月1日 火曜 19:30-20:30 3,000円

③9月4日 金曜 19:30-20:30 3,000円

④9月5日 土曜 19:30-20:30 3,000円

<体験個人レッスン>

9月 第1週目 月〜日:応相談

未就学児     45分 7,200円

小学生      60分 8,200円

中学生      60分 9,300円

高校生      60分 10,400円

大学生以上 60分 12,000円

大人趣味     45分 4,500円  平日午前

 
IMG_7097_edited.jpg

レッスン

 

<グループレッスン>

リトミック  1回30分 月2回 4,950円(月額・税込)

幼児1〜3歳 1回40分 月3回 7,150円(月額・税込)

年少〜年長  1回60分 月3回 8,800円(月額・税込)

小1〜小3  1回60分 月3回 8,800円(月額・税込)

※年6回ミニコンサート 任意参加(無料)


レッスン日時

リトミック  第2・4水曜       10:00-10:30

幼児1〜3歳 第2・3・4水曜 11:00-11:40

年少〜年長  

①第2・3・4月曜 18:30-19:30

②第2・3・4火曜 18:30-19:30

③第2・3・4金曜 18:30-19:30

④第2・3・4土曜 18:30-19:30

小1〜小3  

①第2・3・4月曜 19:30-20:30

②第2・3・4火曜 19:30-20:30

③第2・3・4金曜 19:30-20:30

④第2・3・4土曜 19:30-20:30

体験 

全コースとも、レッスン同曜日、同時間の第1週目

​<個人レッスン>

未就学児   1回45分 月3回 21,450円(月額・税込)

小学生    1回60分 月3回 24,530円(月額・税込)

中学生    1回60分 月3回 27,830円(月額・税込)

高校生    1回60分 月3回 31,130円(月額・税込)

大学生以上  1回60分 月3回 34,430円(月額・税込)

大人趣味   1回45分 月2回   6,600円(月額・税込)

ワンレッスン 1回60分 12,000円

オンラインレッスン 上記個人レッスン同額


※年6回ミニコンサート 任意参加(無料)

レッスン日時

月〜日 10:00-21:00

個人レッスン可能日時

応相談

体験

レッスン予定、同曜日同時間の第1週目

<体験レッスン>

<グループレッスン>

リトミック    30分 2,500円

幼児1〜3歳 40分 2,500円

年少〜年長  60分 3,000円

小1〜小3  60分 3,000円

<個人レッスン>

未就学児     45分 7,200円

小学生      60分 8,200円

中学生      60分 9,300円

高校生      60分 10,400円

大学生以上 60分  12,000円

大人趣味     45分 4,500円

体験

レッスン予定、同曜日同時間の第1週目

<レッスンについて>

・入会金 12,100円(リトミックコース:入会金不要)

・レッスン費は施設使用料、税込

・発表会有り 別途費用

・年6回のミニコンサート 偶数月有り(会員参加無料)

ミニコンサートは教室内で行います。

コンクールや受験などのご希望に添います。

・振替対応は個人レッスンのみ。1回につき振替手数料500円。

時間が合わない場合はオンラインレッスンか動画添削レッスン振替可。

・納入された謝礼の返金対応はいたしかねます。

体験・入会までの流れ

年齢や目的にあったコースをご用意しております。

ピアノオーバー楽譜
IMG_7076.JPG
IMG_7188.jpg
ピアノの鍵盤

1.コース内容の確認

​よくあるご質問はこちら

2. 体験レッスンお申し込み

※体験レッスンの費用はコースをご確認ください。

3.レッスンの様子、教室の雰囲気を確認

4.ご入会申し込み

 
 

お問い合わせ

三軒茶屋駅 徒歩6分

西太子堂駅 徒歩2分

世田谷通りから70m

隣地有料駐車場有り

駐輪場有り

世田谷区若林1丁目7-19

 

レッスン見学 

受講の先生方の声 

私のレッスンを指導者の皆様に見学をしていただき、

ピアノの先生方からいただいた声をご紹介します。

同業の熱心なピアノ指導者の先生方にレッスン見学していただくのは「身が引き締まる」想いです。

私も常々一生懸命教えていますが、「音楽を楽しんで自発的に歌って演奏する」ことを目標としています。

自分のレッスンを客観的に見られるというのは、私自身が勉強になります。

レッスン見学後にご意見をいただいた先生にも御礼申し上げます。

 

1. 小2 アイネ・クライネ・ナハトムジーク KV525  ピアノトリオ版(vn. vc. pf.)モーツアルト  (編曲 松原幸広)

2.中2 ピアノ協奏曲 第20番 ニ短調 KV466 第3楽章 モーツアルト

3.中3 ピアノ協奏曲 イ短調 Op.16 第1楽章 グリーグ

4.大2 メフィストワルツ 第1番  S.514 ,R.181 リスト

2017.1.8       レッスン見学内容

世田谷区若林1丁目7-19

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • YouTube

©2020 by Sancha Music
当サイトの内容、テキスト、画像、映像等の無断転載、無断使用、無断引用を固く禁じます。